ぶらっと写真散歩、ポエム読むこと書くこと、遠い空を眺めること、そしてときめき・・大好きなわたし


by makochi09
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ:MY NOVEL( 11 )

二人乗り

d0006718_2341595.jpg


             僕の自転車の後ろにキミを乗せて
             どこまでずっと走っていける
             そう・・あの頃は信じていたな・・
             散ることなんて考えずに・・




満開の神社の境内を二人乗りするふたり
その写真をあとで家に帰って見ていたら
ひさしぶりに短編書きたくなりました

”あいのり”よかったらお時間あるかた見てね

こちらから・・どうぞ
              
by makochi09 | 2009-04-12 23:46 | MY NOVEL

Imagining

d0006718_992762.jpg


     桜の向こう・・おぼろげに浮かぶ風景は遠い昔、置き忘れたいつかの春の日

      
d0006718_911459.jpg

        また来年 ここで逢えるかわからぬキミと 共に咲けた今年の幸せ
    
   
写真を撮るとき一番私が大切にしてるもの・・それはイメージ 
いい写真を撮ろうというよりはコトバを載せやすいそんな雰囲気づくり重視かな。

なぜならポエムを書くとき必ず必要になってくるのがイメージ。
写真を見ながらその中で自分が感じる
写真に隠されたドラマを引き出すのがImaginingだったりします。
その作業が私は何より楽しくて大好き。

今回・・↓の桜ベンチというポエムを作ったんですけど
そのポエムを見ていたらちょっと詩にお肉をつけて
短編も作ってみくなりました

私があの桜の風景を見ながら頭に想像していたドラマはこんな感じです。

ケツメイシの"サクラ”
コブクロの"桜”
中嶋美嘉の"桜舞う頃”や"花霞”

などなどいろいろ桜の歌ありますけど
桜は実にドラマをイメージしやすいお花です。
"桜ベンチ"短編はこちらから・・
by makochi09 | 2008-04-17 09:21 | MY NOVEL

ふたりの海


d0006718_1118463.jpg
   
    急に秋が深まってきましたね。今日はお仕事お休みです。
    とりあえず午前中は家事をやりつつネットしようかな・・。
    午後はソファのラグが薄汚れてきたので雑貨屋さんに見に行って
    その後、大好きなカフェで過ごすか,今日は金曜日だから
    レディースデーってことで映画が1000円で見れるので
    映画見るのもいいなぁ・・とお悩み中。

    さて写真を整理しながぼんやり海辺を歩くカップルの写真を見ていたら
    急に短編書きたくなって・・
  
    "ふたりの海に”というタイトルで書いてみました。
    小説で起用させてもらった写真はお友達のSyouさんより前に頂いた
    海辺のベンチで何時間も泣いてる女性の写真・・。
    
    どうして泣いているのか・・なんて当然理由など知るわけもないけど
    でもぱっと見ただけでいろんなドラマを推測できる
    そんな写真ってあるんですよね
    
    私にとって写真のおもしろさは・・そうゆうところもありかな・・

    それでは”ふたりの海に”はこちらから・・  
by makochi09 | 2007-09-28 10:59 | MY NOVEL

ひとり物思いに

d0006718_19424711.jpg


      今日は仕事の帰りにふらっとホテルの中にあるカフェでブランチ
           静かな窓辺を見ながらひとり物思いにふける。

   
      さて今日はひさしぶりに短編など更新しました。
      ”おそろいのTeacup”というタイトルです。
      忘れたい恋ほど本当はずっと心の隅にあるもので
      ふとした瞬間に思い出は記憶の引き出しからあふれ出す。

      
by makochi09 | 2007-07-26 19:42 | MY NOVEL

恋愛風景

d0006718_2034504.jpg

休んでいてもただでは起きないのが真琴流です。
この間ふらっと東京に出かけた時、撮った風景を使ってなにか書けないかなぁ・・
と東京タワーの写真を見ながらずっと考えていました。

で・・あるCDがヒントになってできたんですよぉ・・・・。
あの曲のイメージと私のアレンジをドッキングしてつくりました。

タイトルは”恋愛風景”です。

だれでも今でも胸に残る・・あなたと歩いた恋愛風景ってあると思うんです。
そこの場所へいくと・・自然に心蘇る恋しい気持ち・・
季節や時間はどんなに流れても。。記憶ってそう簡単に消せないもの・・
そんな想いを小説にしてみました。

東京タワーって不思議といろんなカップルの思い出がそこにつまっているようで
見ているとなぜか切ない気持ちにさせられるんですよね。。

では真琴が撮ってきた東京の街並みの写真と共にお楽しみください

ちなみにこの写真はこの間菜の花畑にいったとき・・撮った
しあわせそうなカップルの恋愛風景
彼女が彼の肩に手を回した瞬間を狙って撮りました。
by makochi09 | 2007-03-11 20:45 | MY NOVEL

短編書いたよ

d0006718_16451710.jpg


あと少しでクリスマスですねぇ・・みなさんどんなクリスマスを過ごすのでしょう。
真琴はとりあえず地元のイルミネーション見に行って・・ケンタッキー買ってきて
家族で過ごすクリスマスかな?
東京とか横浜のイルミネーション・・ぶらっと見に行きたいけど・・
クリスマスの頃、前に六本木ヒルズに行ったら・・あまりの人に私迷子になったからなぁ

”おまえが迷子になってどうすんだよ!”

って怒られたおぼえが・・・・。
でもあの煌く街路樹・・華やかなツリーまた撮影にいきたいなぁ・・・・・・。
こうゆう時・・東京がもっと近かったら・・ふらっといけれるのになぁ・・・・。

さて約一年ぶりに久しぶりに短編など書かせてもらいました。

 恋が眠る海・・・・Syouさんの夕暮れの海に佇む親子のシルエットの写真に
              一目惚れしてしまいまして・・このお写真のイメージで短編を
               書かせてもらいました。
               誰にだって胸の奥に封印している忘れられぬ恋がある。。
               思い出の場所に佇んでふと想うあの頃・・・・
by makochi09 | 2006-12-22 16:45 | MY NOVEL

やっと肩の荷が・・

d0006718_14212461.jpg

ここ一週間レスも書かず、大好きなお友達のHPにも遊びにも行かず
ひたすら・・パソコンの画面とにらめっこして・・やっとの想いで
書き上げた桜遠恋物語・・の第6話・・ついに今朝アップいたしましたぁ・・・。
良ければ見てくださいね。

桜物語を最初から見たことがないというお客様はこちらから・・・・どうぞ

もう・・去年から・・書かなくちゃ書かなくちゃと思いつつ
これをしてから・・あれをしてから・・と先送りにばっかりしてたんですが・・
ふと・・急に書きたい気持ちになって・・その時がチャーーンスとばかり
もう集中して一気に書き上げましたぁ・・・。

この話は自分でも大好きなんだけど・・一番・・苦しみながら
書いてる話で・・毎回・・肩の荷が重いんですが・・
でも出来たときの達成感は人一倍ある作品なんで・・・・・
読んでるみなさんの胸に響くといいなぁ・・・・。

あーしかし・・この話を書きながら・・神戸行きた~い。
と思っていた真琴です。

あそこはほんと異国情緒があってステキな街ですよねぇ・・・・
ゆっくりカメラ持って散策したいです。
by makochi09 | 2006-02-13 14:26 | MY NOVEL

Tokyo  love is

d0006718_9174074.jpg


真琴は東京が大好き
住みたいとは思わないんだけど
月に一度くらい
風を求めてあの街を旅する。
ビルの隙間から吹き抜ける風や
ビルとビルの隙間から見える四角い小さな青空とか
大勢の人が足早に通り過ぎていくスクランブル交差点とか・・

あの街に行くととても孤独を感じるんだけど
でもいろんな刺激を受ける。
同じ速度で歩く人の波にのまれそうになりながらも
あの街の空気を感じながらシャッターをきりたい。

そんな眠らない街、東京でいろんなしがらみを乗り越えて再会を誓うふたり
あの街はいろんな恋が渦巻く街でもあるような気がします。

TOKYO CITY LOVEはそんなイメージで作りました。

年に一度くらい・・神様もどうか目をつぶっていて・・
by makochi09 | 2006-01-27 09:18 | MY NOVEL

イブですねぇ

d0006718_1183744.jpg

今年はとっても寒い冬ですね。
新潟の方では・・雪のせいで大停電になってしまったという
ニュースを朝TVで見て・・雪・・恐るべし!
と思っていたしだいです。
大丈夫でしょうか?
私の住むところは雪ほとんど降らないので・・クリスマスだけは
雪・・いいなぁ・・と思ってしまいます。
一度でいいから・・ホワイトクリスマス体験してみたーい。

さてクリスマスになると・・なにかそれにちなんだ短編を書きたくなって
今年もいくつか書いたんですが・・
私がクリスマスのお話で一番気に入ってるのはこの”クリスマスの奇跡です”

こんな出会いはなかなかないとは思うんだけど・・
でもクリスマスならではのこんな奇跡があってもいいのでは・・
と書いてみました。
よかったら・・見てください。
ではみなさまのもとにも・・素敵なサンタが舞い降りますように・・・・♪
by makochi09 | 2005-12-24 01:19 | MY NOVEL
昨日はうれしかったぁ・・だって・・Mステに真琴ラブリー
サスケが生出演。だれか見てくれた方いたでしょうか?

新曲の”永遠の夏”をTV初披露してくれたのです。

あの澄んだ歌声・・切なく胸に響く歌詞
この歌を何度も何度も聴いて・・できたのが・・
今回私がアップした短編終わらない夏です。

この間、しゅんしゅんさんとのコラボで”雨音”という詩をアップしたんですけど・・
まぁ・・それを小説っぽくできないかなぁ・・と思ったのが
きっかけだったんですけど・・

夏の通り雨と花火をうまくドッキングさせて・・作ってみました。

私は夏の通り雨・・大好きなんです。
一瞬・・バケツをひっくりかえしたように
ざーーっと降って・・また何事もなくカラッとあがる。

”まったく・・”

と思いつつも・・
びちょびちょになった服を夏空があっとゆう間に乾かしていく
あの清々しさが好きで憎めない通り雨

夏の通り雨はなんとなく・・夏の恋にも似てるかな
とふと思って・・
一瞬・・恋の雨宿りを・・二人で楽しんで・・・
夏の空を彩る花火のように綺麗に咲かせて儚く消え落ちていく・・

通り雨のようにあっけなく去っていってしまったくせに・・
雨が過ぎ去った後の青空のようにどこか爽快感があって
憎めなくて・・・胸を打つそんな夏の思い出・・

通り過ぎていってしまった・・夏の雨をただぼんやりと
今は動けず立ち尽くしてみている彼だけど・・・

でもほんのひと時でも永遠を信じさせてくれたきみに
やっぱりまたどこかですれ違ったら

さよならの代わりに・・・笑顔で

”ありがとう”

といいたい。

そんな想いでラストはあんな形にしました。


d0006718_0224448.jpg


君と見つめた 夏の華 今でもボクの胸に光る 永遠の夏

あなたの心に・・・・今でも光る夏はありますか?
by makochi09 | 2005-08-06 00:18 | MY NOVEL