ぶらっと写真散歩、ポエム読むこと書くこと、遠い空を眺めること、そしてときめき・・大好きなわたし


by makochi09
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

<   2005年 05月 ( 12 )   > この月の画像一覧

GO BOY

お友達のベルるんに教えてもらったサイト・・GO BOY
そこですごい素敵な歌にであった。
”ありがとう”という歌。
この歌と共にフラッシュで流れてくる
いろんな想い・・

胸が熱くなって・・涙がぼろぼろこぼれちゃいました。

ありがとう

みなさん聴いてみてください。
あと"年上だった彼女”もすごい泣けますよ

下記の詩は・・ありがとうというこの曲を聴きながら・・考えました。


****************

d0006718_1741314.jpg


朝、目が覚めて
この空のむこうにいる
キミに”おはよう”とつぶやく

ありがとう。
そばにいてくれて

キミがいてくれる
それだけで
どんなに毎日心救われているか


言葉に言い尽くせない ほどの想い
何度もこの言葉に込める

”ありがとう・・ありがとう

大好きなきみにありがとう”

あなたを失ったら・・
多分私・・きっとうまく歩けないよ


だからそばにいて・・
時に傷つけあっても泣いてもいい
キミをいつも感じていたい
キミを想い咲いていたい
ずっとずっと
 
それだけで・・・いいから・・
それだけで・・しあわせだから・・
by makochi09 | 2005-05-27 16:46 | 好きな音楽

和え物

d0006718_21173154.jpg


         インゲンのゴマ和えを作っていてふと思った。

             しょうゆ。砂糖。すりごま。ちょっと塩
          どれが欠けても、どれが多すぎても
                 おいしくない

         毎日の生活もきっとこの和え物のようなもの

                苦い思いをしたり
               しょっぱい涙を流したり
              甘くて幸せな思いもあったり

             それがほどよく混ざり合うから 
                  味のある毎日

            
       ここに出ているお写真は節約レシピさんからおかりしました。
            おかずに困るとここをアクセスします。
by makochi09 | 2005-05-25 21:18

マイブーム

ヨンさまからはじまって・・日本にいろんな韓国の
俳優さんやら・・アーティストが来てますけど・・

”モーニング娘じゃないけれど・・
今のメンバーの名前すら・・私知りませんから~・・残念!”


状態で・・TV見ても”いったいだれ?”って感じ。

でも唯一・・好きなのは・・韓国人だと思うんだけど・・
この間Mステに出ていた・・”K”さん

あの人の”抱きしめたい”大好き

歌のラストの部分で・・
”すぐ逢いたい・・逢いたい・・逢いた~い♪”
ってフレーズがあるんだけど・・

この"逢いたい”って同じ言葉の・・感情の込め方がすごく素敵で・・

あなたに・・ココロ抱きしめられましたぁって感じでした。
音楽の魔法・・にかかった気分。

”サスケ”の青いベンチを聴いた時
以来・・ひさびさ・・CD買いたい・・って思ったアーティストだった。

あとゴフクロの”ここにしか咲かない花”って歌もよかったなぁ・・・・・
by makochi09 | 2005-05-24 00:13 | 好きな音楽

新しい道


d0006718_7363265.jpg


決まった道を行くのは安全だ
なぜなら慣れた道は迷うことがないから

でも通ったことがない道を行くのは
実に不安だ・・

だって・・先が見えないから・・
もしかしたら・・行き止まりかもしれない
もしかしたら・・迷子になってしまうかもしれない

もしかしたら・・そう思うと・・つい
いつもの安全策を行きたくなってしまう

でも・・勇気を出して・・

”えーい・・いってみよう”

と飛び込むと・・もしかしたら・・

”あれ・・この道ここにぶつかるんだぁー”

と新しい発見があるかもしれない。
人生なんて標識のない道のようなもの
どこにたどり着くかわからない
時には痛い思いもするかもしれない・・
時には崖っぷちに立たされることもあるかもしれない・・

でも新しい出会いも嬉しい発見も待ってるかもしれないから
恐れず前へ前へ進もう!
新しい道・・開拓しながらね。

*********************

恐怖とかいってた・・サッカーの当番無事に終わりました。
案ずるより生むがやすし・・だっけ?
あのことわざにもあるように・・

行ってしまえば・・なんとかなるもの・・。
子供を生むまでは・・どうなるかな・・ちゃんとできるかな・・
と心配してても・・子供生まれちゃえば
だれもかわってくれる人はいないわけだから
母は頑張るしかないわけで
夢中で・・一生懸命やるように・・

人間関係もそうゆうもんですよね・・・
頭で考えるより・・飛び込め・・ってかんじですか?


でも・・ある方のレスにかいたけど・・
ほんとうに今回ブールのジャンプ台に立っているような気分だったんです。
それほどの高さではないのに・・ゆらゆらゆれてる水の水面を見ると
足がすくんでしまうような感じ。

水ってパシャンって当たると痛いじゃないですか・・
飛び込めばなんとかなるってわかっていても・・
痛いのがこわくてねぇーーーー。

でも飛び込んだら・・なんとか浮き輪差し出してくれる人もいて
何とか泳ぎきれました。

これもみなさんのおかげです。
by makochi09 | 2005-05-23 07:33 | poem

みずたまりの青空

d0006718_17441436.jpg


雨上がりの朝
道端にできてたみずたまり

なかなか消えることのない
悲しみのように
道路の片隅にそっとできてた。


でもみずたまりに映る青空は
記憶の中の空のように
どこか澄み切っていた

いつかまた晴れる日もくるよ

そうつぶやいてるみたいに・・


****************

バーチャルだって
人の心が通うこの世界

幻想でも蜃気楼でもない
人の想いが交差する
もう一つの現実

わたしはこの場所で
いつも水のように
ココロすくってもらう。

みなさん・・元気・・それから励まし・・ありがとう。
by makochi09 | 2005-05-19 17:44 | poem

ひかり

d0006718_8202749.jpg



こんな小さな花でさえ
光を求めて
精一杯手を広げる

小さな努力でいい
ほんのすこし
ココロにひかりを・・

草をかきわけるような
by makochi09 | 2005-05-19 08:25 | poem

人の輪

d0006718_21542191.jpg



昔から人の輪に入る・・ということが苦手な子だった。
いつも自分の世界に閉じこもっているような子だった。
最初から人の輪の中に入っていればいいんだけど
途中から・・”ねぇねぇ。。”と声をかける
その勇気がいつもない。

一度勇気を出して
声をかけたんだけど・・

”は?”

と言われてみんなが冷めた目で私を見たことが学生のときあって
それ以来・・途中から新しい環境に入る・・ということが
どうも苦手・・。

上の子がサッカー習ってるんだけど
うちは3年生の途中から入った。
当然・・お母さん方にはすでに仲間ができている。
私は・・そこにいまだ溶け込むことができない
なじむ気もなかった。

仕事を理由に・・サッカーはいつも旦那にいってもらったり・・
行ったとしても送り迎えだけ

でも今度の土日に恐怖の試合当番と鍵当番が回ってくる。
試合当番は当番の親が車を出さなくてはいけない
うちは車が一台しかないから・・

車だしはできない・・と役員のリーダーさんにメールしたら

”都合が悪い場合は自分で誰か出せる人を探してください!”

ときついメールがきて
他の人は・・簡単に”代わって”と電話できるかもしれない

でも輪に入れない
今までだれともコミュニケーションとってなかった
私にとっては・・誰かを自分でみつける
このことがどんなに苦しいことか

”いったい誰に電話すればいいの?”

もうそれを考えただけで・・・

学生時代のあの冷ややかな目が頭に蘇って
涙が止まらなかった。
逃げ出したくなった

”子供には誰とでも仲良くしなさい”

っていうくせに
自分はいまだに・・そのトラウマから抜け出せない。
自分の殻に閉じこもって・・人の輪に飛び込めない自分がいる。

それでも生きてこれた。
それでも別に寂しくはなかった。

でもその中にずっといては
なにもなにも成長はない・・。

無理してでも苦痛でも新しい世界に環境に飛び込む勇気が
自分をたぶん変えていく・・向上させていくんだろうね


がんばらなきゃ・・
変えていかなきゃ・・
でもそう簡単に人間変われやしないから
とても苦しい・・
そんな今です。
by makochi09 | 2005-05-18 19:55

元気もらってます

d0006718_20591775.jpg

真琴が心の風邪ひいて落ち込んでHPもお休みしてたとき
あるネットのお友達が私のことを心配して・・
この詩集をそっと贈ってくれました。

本の表紙をみただけでもこのまるびをおびたやわらかなタッチの
イラストと題名と暖かな気持ちにありがとうっと涙がでました。

中をそっとあけて見てみると・・とてもあたたかな言葉たちがわたしをむかえてくれました。


全部共感できる詩ばかりなんだけどその中でも励まされたり
勇気づけられた詩をちょこっとご紹介します。


「気づき」

こんなはずじゃなかった
こんなはずじゃなかったから
泣けてくる

傷つけば傷つくほど
怒りがわいてくる。

すごくくやしくてやりきれないけど

こんなはずじゃなかったから学べた

************

この詩は・・私が一番心が苦しかった時、いろんなことが
空回りで落ち込んでた時、ラストのフレーズが
私を救ってくれました。
病気って一見マイナスな出来事に思えるけどこうゆう経験も無駄ではないし・・
そこから学べることも得ることもたくさんあるんだと・・この詩が私に教えてくれた。

********************

「お願いだから」


「どうせ、だめだ」

「やるだけ、むだ」ときめないで。

「やってみるまで わからない」
「やれば、できる」ってはげましてよ。

どんなときだって
一生懸命、さいごまで
応援してくれる人が、そばにいたら

すごくうれしくてやる気がわく。

だから今日から
応援する人になる。

さいしょに自分のことを
とことん応援する人になる。

****************

この詩を読んだ時、めっちゃ涙がでちゃいました。
仕事にひさしぶりに復帰するってときに・・
ちゃんとできるか凄く不安で
とにかく逃げ出したい気持ちでいっぱいだった。

その時・・やる前からあれこれ心配して不安になるより
”やればできる”ってをはげましてよ・・

その言葉に自分ができない・・って思ったら前に進めない。
自分をこの場所から救いだすの誰でもない自分自身なのだと・・そう思えた。

だから最後の
”自分のことをとことん応援する人になる”
あのフレーズは凄く胸に落ちました。
まず・・この自分を好きになって大丈夫って励まし続けていかなくちゃね

そんなわけでこの本・・いつも私に毎日元気を分けてくれています。
by makochi09 | 2005-05-14 23:43

親子遠足

春の幼稚園の遠足は決まって親子遠足なのです。
今年は清水の方にある”日本平動物園”にいきましたぁ。

動物園なんてひさしぶり。。
いろんな動物を見ながら一日楽しく過ごしました。

d0006718_14451080.jpg


ここに動物になりきってる二人が・・
動物園に行くとかならず・・こうゆうの一枚は撮るよねぇ・・。

d0006718_14465439.jpg

白いトサカが綺麗なツル?

 ゾウさんのお尻もキュート

d0006718_14515767.jpg

d0006718_14573748.jpg

 ペンギンちゃんも可愛い・・。
 
 ”あれ・・いないわねぇ・・”
  
 ”どこいったんだ・・あいつ ”

 だから・・後ろを向け・・つーの
by makochi09 | 2005-05-12 14:43 | ぶらり旅

江國香織さんのエッセイ

江國さんの小説も好きなんだけど・・私は江國さんのエッセイも大好きで
2冊持っています。そのうちの一冊が”泣く大人” です。

d0006718_73166.jpg

江國さんの日常生活や考え方などをこっそり覗くことができて
すごくおもしろい。・・やっぱりこの人は天性からの"作家だなぁ”
と思う瞬間がいくつもエッセイを見てると感じる。

このエッセイを読んで一番びっくりしたのは
男友達についての江國さんの考え方。



『男友達と恋人の違いは肉体関係の有無ではない。
一般的には肉体関係はいたるところに存在するし、それを含んだ
鉄壁の友情も存在する。それは恋愛の観点から見たら絶望的ではあるが
友情の観点から見ると、時に素晴らしいことだ・・。
男友達とのあいだにタブーは、だから寝ることではない。
たいていのことは気の持ちようなのでタブーなどというものは
そもそも一人ずつの中にしかないのだ。』

書いてあって・・驚いた・・
でもこれぞ江國さんの世界と思ってしまった。

一般的には肉体関係を持ってしまったら友達の一線は越えてしまったものと
普通は考えるけど・・
でも江國さんの考え方は・・そうではなくて・・

自分にとっての一線をちゃんと持っているか・・ということ・・。
彼女にとってのタブーは・・

”行楽地、遊園地、真夏の海、億劫な買い物” などを男友達と
二人で行くことはダメなんだそうだ。

『快楽は分け合ってもいいけど疲弊は分け合ってはいけない。
疲弊を分け合う痛みと哀しみ。そしてその結果深まってしまう関係は
夫婦や恋人の特権だと思ってるし」

そう書いてあって江國さんらしいな・・って思った。

大切な人とだけわけあいたいもの・・そうゆうものってあるよね。

彼女のエッセイでもう一つ”いくつもの週末”という
江國さんの結婚生活を綴ったエッセイがまたすごい面白いんです。

d0006718_812755.jpg

江國さんはチョコレートが大好きだそうで
旦那さんに・・
”花束やプレゼントなど贈ってもかまわないけど・・
これから先チョコレートだけは絶対他の女の人には贈らないで”

とお願いしてある話があって

すごくかわいいな・・って思ってしまった。


チョコレートは江國さんにとっては幸福な象徴、愛の贈り物だそうで
甘く贅沢な快楽を伴って口の中にとろけるチョコレートは
まさに男が女の人の心を溶かすものとしか思えないので
絶対・・他の女の人には贈らないで・・と
結婚する時約束してもらったのだそうです。

浮気をしないでとか他の人に恋をしないでとか・・そうゆう約束は
人の心が伴うものだから無意味だとおもうけど・・
だれか好きな人がかりにできたとして贈り物をするとき・・チョコレートを避けることは
できるだろう・・

その時の誠実さの方がよっぽど信用できる
そう書いてあって・・・
さすが・・素敵な恋愛小説をかいてる江國さんらしい考え方だぁ
とーなるほどなぁ・・って思ってしまった。

自分と交わした約束を・・ふとした瞬間に思い出してくれる
そのことに愛を感じるのだそうです。

男友達はたくさんいても・・これだけは・・絶対というものを
いつもちゃんと自分の中に持っている・・。
その約束はちゃんと守っていれば
男女間の寝たか寝ないかなど・・
それほど重要ではないという江國さん・・私にはとても真似できないけど
でも彼女の生き方とか考え方とかすごく好きだなぁ・・。
by makochi09 | 2005-05-07 08:27 | BOOK