ぶらっと写真散歩、ポエム読むこと書くこと、遠い空を眺めること、そしてときめき・・大好きなわたし


by makochi09
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

<   2006年 03月 ( 6 )   > この月の画像一覧

願い桜

今日は娘ちゃんの英語の日。
30分間親は教室には入れないので近くの公園を
時間つぶしに散歩。
桜もかなり咲いていたので撮影を楽しんでいました。
d0006718_1952077.jpg


そうそう最近ようやく写真を撮る元気もでてきて・・
昔の私の感覚なども取り戻しつつあります。
うれしいような
でもHPやりすぎるとまたもとのもくあみになってしまうのが
怖いので自己コントロール、自己コントロール
っと自分に暗示していかなくてはね・・

本日は青空に咲く桜をじっと見ていたら
d0006718_207155.jpg

詩を書きたくなって書いてました。
ひさびさー・・真琴らしい?
刹那バージョンの詩でございます。
ココロなくしたと想ってたときもう・・詩も書けないと
嘆いたいただけに桜の花がひらひらと私の心に言葉を
舞い落としていってくれたようでそっと拾い上げて
ひとつひとつ繋ぎとめてみました。

桜恋花良ければ・・見てね
by makochi09 | 2006-03-28 20:10 | ぶらり旅

もうひとつの目的

私が岩本山公園にどうしても行きたかった目的は
梅や桜がみたいだけではなくあるものが実はここはとても有名だったから

それは”鍵の展望台”と呼ばれていてここに訪れたカップルが残して行った
いくつもの愛の南京錠・・がこの展望台に残されているからです。
ネットでこれを見つけたとき一度みてみたいと思いました。
ここで何組ものカップルが愛を誓って・・その後どうなっていったのでしょう
そんな恋の行方を想像しつつ・・一つアップでとってみました。

d0006718_22421799.jpg




***永遠***

d0006718_22514696.jpg



”ずっと一緒にいようね”

と誓ったあの約束
果たせなくてごめん

永遠の絆なんて

本当は
ただの幻?

それでも
夢見ていたかった永遠を・・・・・。

いつか時間がすべてを想い出にかえていくとしても
想い続けていくことこそ永遠と
教えてくれたキミのあの言葉と数々の記憶を

心の片隅で
覚え続けていくことこそが
私の中の永遠
by makochi09 | 2006-03-25 23:15 | poem

岩本山公園

春休み家にばかり閉じこもっていても
気が滅入るのでひさしぶりに子供たちとドライブがてら
富士市の高台にある”岩本山公園”にいってきました。

そこはこの時期、梅と桜が綺麗に咲いていて
天気のいい日は富士山をバックに梅や桜の写真が撮れる
絶好の写真スポットなんだけど・・・その日は富士山は残念ながら望めませんでしたぁ・・

d0006718_22172934.jpg
後姿の子供たちです。
遠くに見えるのは梅園です。白や桃色や赤などいろとりどりの梅林が綺麗でした。

d0006718_22191645.jpg


青空に桜も咲いていたよ。
そういえば春なんだね・・。

d0006718_22222433.jpg


地に落ちた梅花
見つめて
何想う?
いつか娘(きみ)もするのか?
好き?嫌い?の花占い



d0006718_22485940.gif

by makochi09 | 2006-03-25 22:58 | ぶらり旅

なくしたもの

私の心・・返して
毎日ただ息をしてるだけの私

目が覚めること
生かされていることに
何の感動もなく

TVを見ても
子供といても
だれかと話していても
嬉しくも
哀しくもない
うれし涙も
悔し涙も
喜びも
幸せもない
静も動もなくなってしまった

空っぽな
私の心

今の私はなんのために
ここに生きているのかさえ見えてこない
もう私の心は死んじゃったのだろうか

どこへいけば
もう一度あの頃の私に会える?
キラキラしていた私に・・

探してるのに
どこにもどこにも
見つからないの

あるのはぎゅーっと胸をしめつける苦しみだけ


************************


真琴です。
こんばんは・・ずいぶんとHPもご無沙汰になってしまってごめんなさい。
本当はレスもしたい。みなさんのHPにも遊びにも行きたい
そんな気持ちでいるのですが・・
今は心の病とでもいいましょうか・・・全く何も考えられない
状態なんです。
ただ毎日どうして・・こんな風になってしまったんだろう・・
そればっかり思っています。
毎日だれかがそばにいてくれないと不安で
仕事も今はいかれないような状態です。
そんな日常を送っています。

ほんの数週間前まで元気だった自分が
嘘のようです・・。

音楽聴いても詩を読んでも今までのように
心に何も何もはいってこないんです。
心がなくなってしまったようで・・それが何より切ないです。

みなさんごめんね・・・・・

元気になったらまた・・といいたいところだけど
その日はないような・・気がします。
by makochi09 | 2006-03-17 21:17 | poem

短歌も読んでみました

d0006718_2340215.jpg
この前図書館で・・
”こんな気持ちが恋だった”と一緒に借りた
俵万智さんの”チョコレート革命”
俵さんの短歌といえば
”サラダ記念日”が有名ですよね。
昔わたしもこれは読みました。
すごい爽やかな恋の歌だった記憶が・・。
あのサラダ記念日から10年経って・・
だされたのが
この”チョコレート革命”こちらはぐっと
大人の香りがする恋歌となっていて・・・・
切ない恋が好きな方は必見ですよぉ・・。



ちなみにこの歌の中で真琴がいくつか
好きだった歌をご紹介

”眠りつつ髪をまさぐる指やさし夢の中でも私を抱くの”

”二回だけベルを鳴らして切りました。宙ぶらりんの『おやすみなさい』”

”今日あったこと告げたき一日の終わりに通じぬ携帯電話”

”愛することが追いつめる事になってゆくバスルームから星が見えるよ”

”逢うたびに抱かれなくてもいいように一緒に暮らしてみたい七月”

”道草の恋をしようよ。ベランダの人工芝に飲む生ビール”

”それぞれに始めねばならぬ朝のため午前三時のバイク見送る”

”濃紺の車すべらせ逢いに来る海より蒼い時間を連れて”

”この男は私のものと言いたくて夕焼けているビルの屋上”

”真夜中のプールに肌合わせれば水より軽くあなたを愛す”

”抱きあわず語りあかせる夜ありてこれもやさしき情事と思う

”家族という制度のなかへ帰りゆく君はディオールの香り残して”

”抜け殻としてあるパジャマ抱き寄せてはかなき愛の形を崩す”

”君の残してゆきし煙草に火をつけるマッチ売りの少女のように”

”二人とも愛しているんだ”腕ずもうのように勝負がつけばいいのに”

”缶ビールなんかじゃ酔えない夜のなか一人じゃ寂しい二人は苦しい”

”焼肉とグラタンが好きという少女よ。私はあなたのお父さんが好き”

"『愛は勝つ』 と歌う青年。愛と愛が戦うときはどうなるのだろう”

”知られてはならぬ恋なれどまた少し知られてみたい恋愛”

”陽に濡れて駅まで歩く吾と君の近づきすぎて遠ざかるもの”

”はじまりも終わりも見えぬ千曲川どこまで続いてゆくかこの恋”


************************

好きなんだけど・・超えてはいけない現実があり
そのギリギリの境界線の中で
切なさと愛しさが交じり合って甘美な恋になってる・・
そんな感じかな?

いやーこんな歌を詠んでみたいものです
by makochi09 | 2006-03-03 23:38 | BOOK

現代俳句

d0006718_23444483.jpg
最近気持ちにゆとりも時間もないのでゆっくり小説も読めないので
今回は図書館でパラパラッと読みやすい現代俳句の本を借りてみました。
私も短歌や俳句詠んだりするので・・
益田ミリさんの
”こんな気持ちが恋だった”
というこの本とても楽しんで見させてもらいました。

恋する心情が短い言葉の中にすぽっと収められていて・・


読みながら”あるある・・こんな気持ち・・こうゆう気持ちが恋だよね”
と納得しつつ読んでました。

私がこの本の中で気に入った俳句をいくつかご紹介したいと思います。

”約束を取り付けた日の晴れやかさ・・”

ずっと好きだった人と初めてプライベートで会う約束を取り付けたときの
あのなんとも言えないうれしい気持ちがうまく歌になっていて・・
そうそうこんな気分だよな・・って思いながらみてました。

”即返信しちゃうメールに負け気分”

好きな人からメールがくるとつい嬉しくて返信を即送ってしまう
そんな自分をふと省みると・・情けないくらい
私のほうが絶対彼のこと好きなのかもしれない
って思ってしまうよね・・。

”どこでもドアあなたがいないとこはイヤ”

好きな人になかなか会えないときって・・”あーーどこでもドアがあったらなぁ”
って良く思いますよね。
そうしたらすぐにでも会いに行けれるのに・・
でもはりきって開けたら一番会いたくない人の家だったらイヤだよねぇ

”夜景などいいからはやくチューしてね”

この俳句がとってもストレートで可愛いかった。
夜景など目に入らぬほど
目の前のあなたに心奪われている
だからそんなあなたからのぬくもりを待ってる女心がいいよね

”暑いだけあなたで切った髪じゃない”


この歌も好きだった。
失恋すると女性は髪を切ったりしますよね。
書くゆう私も学生のときは何回かすっきりするために
髪を切った想い出があります。
でも・・失恋なんかじゃないと・・痛々しいほど
強がって見せているこの女心に逆に共感もてました。
by makochi09 | 2006-03-01 00:25 | BOOK