ぶらっと写真散歩、ポエム読むこと書くこと、遠い空を眺めること、そしてときめき・・大好きなわたし


by makochi09
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

<   2006年 10月 ( 14 )   > この月の画像一覧

大東町のコスモス畑


d0006718_836321.jpg
  東へ行くか西へ行くかそれは朝の気分と天気予報で決まる。今回は西に軍配。・・
  電車とバスに揺られることは2時間半静岡県に住んでいながら
  実は初めて降りた掛川・・。念願の大東町のコスモス畑と青空・・見てきたよぉ・・・・。

d0006718_8122711.jpg


  コスモス畑以外何もないところ・・だからこそ忘れかけていた穏やかな気持ち思い出させてくれる

d0006718_8173140.jpg


  夏のワスレモノ・・こんなところで出会えるなんて・・・にひひひ。

d0006718_82940100.jpg


     スキ・キライ・スキ・・・・占いどおりに・・恋はいかないけど・・。
by makochi09 | 2006-10-30 08:19 | ぶらり旅

A型バトン

d0006718_833663.jpg

お友達の祐乃さんのところから貰ってきたA型バトンおもしろそうだったので
やってみました。

【1】あなたはAAですか?AOですか?

AOかな?母方の祖母がO型だったから・・。


【2】A型だと言った時の周りの反応はどうですか?

A型のくせに抜けてるし、ずぼらな面も多いのでA型らしくないってよく言われます。

【3】A型の性格は几帳面と言われていますが自分に当てはまりますか?

一度掃除とかはじめるとキチンとやらないと気がすまないね
頼まれたものとかも途中で投げ出すのはきらい。

【4】A型の性格は優柔不断と言われていますが自分に当てはまりますか?

優柔不断これはものすごいです。
洋服でも何でも自分ひとりだとなかなか短時間には決まらない。
ブディックとかは私は一人で怖くて入れません。
なぜなら断れない性格だから・・つい買わされてしまう。
電話勧誘・・これにも大変苦労しました・・。
 
【5】初対面の人には何型に見られやすいですか?

わりと大らかに見られるのO型ですか?って言われるね。

【6】自分がA型だと思う瞬間ってありますか?

はい。置いてあるものがちょっと曲がってたりすると直したくなる。
あと包み紙をきちんとたたむ。

【7】自分は何型の人と相性がいいと思いますか?

大体の人とは合わせられるけど・・・気さくなのはO型とかB型かな?

【8】友達で一番多い血液型は何型ですか?

意外とB型の人が多いかも・・

【9】A型で良かった、得をしたという経験はありますか?

責任感はあるし時間とかにも遅刻しないし真面目なので・・上司のうけはいい。
   

【10】A型で嫌だった、損をしたという経験はありますか?

大人しいし嫌なものは嫌ってはっきり自分の気持ちを言えないので
学生の時は、めんどくさい作業をよく押し付けられてやってた。

【11】生まれ変わるなら何型に生まれたいですか?

B型に生まれたい・・。あの個性的な性格が好きだなぁ

【12】次に回すA型の人


 だれかA型でやりたいかたいましたらどうぞーー。


   こちらお持ち帰り用です


【1】あなたはAAですか?AOですか?
【2】A型だと言った時の周りの反応はどうですか?
【3】A型の性格は几帳面と言われていますが自分に当てはまりますか?
【4】A型の性格は優柔不断と言われていますが自分に当てはまりますか?
【5】初対面の人には何型に見られやすいですか?
【6】自分がA型だと思う瞬間ってありますか?
【7】自分は何型の人と相性がいいと思いますか?
【8】友達で一番多い血液型は何型ですか?
【9】A型で良かった、得をしたという経験はありますか?
【10】A型で嫌だった、損をしたという経験はありますか?
【11】生まれ変わるなら何型に生まれたいですか?
【12】次に回すA型の人
by makochi09 | 2006-10-25 08:53 | バトン

POEM更新

d0006718_14414581.jpg

今日はこっち曇っています。でも昨日は晴れていたので娘アッキーの学校の宿題で秋探しということで
どんぐりやら綺麗な葉っぱを公園で採集してました。
そこの公園高台にあるのでもう紅葉が一部紅く染まってきていて
思わず嬉しくなって携帯で撮りました。
まだまだ昼間は暑いなんて思っていても秋は深まっているんですね。紅葉シーズンもうすぐです・・
今年はどこへいこうかなぁ・・迷っちゃうなぁ・・。

さてポエムを更新したのでお知らせします。

Four Sesonsより

★ 傘の中・・こちらの詩は夏花ちゃんのさざなみの
         調べに6月かな?
         投稿したものをちょっとアレンジした
         ものです。
         傘に落ちる雫を見ながら、
         あなたと並んで歩いた雨の日
         のことを回想する・・そんな詩です。


★ 夜空に散る花・・こちらも夏花ちゃんのさざなみの調べに投稿したものです。
            今年の夏の終わり、なんとかギリギリセーフで地元の
            サンセットページェントという花火大会を一人で見に行ったんですね
            初めて見た200尺玉とても大きくて綺麗な花火でした。
            それを見ながらやっぱりだれかと花火見たかったなぁ・・
            そんな想いにかられてました・・。


Subject より

★ 痛いくらいに・・恋ゴコロ100のお題(セレナイトな月に抱かれてより
            久しぶりに聞いたあなたの声、嬉しいはずなのに
            前のように弾むような気持ちがない。痛いくらい好きだった
            私の気持ちはどこへいっちゃったの?
            
One Line より

★ モカ・ブレンド ・・One Lineより・・この詩は咲夜しゃんのHPでアップされてた
             ポエムに真琴が返詩を書いたものです。
             時計の針は休むことなく時を刻むのに、君を失った僕の心は
             あの日から止まったまま・・。
    
Photopoemより

 
★ 秋色想い ・・RVBさんのHPに投稿させてもらった詩です。
           銀杏の葉が地面にはらはらと舞う・・
           私の想いもどこへ舞う・・?             
  
            

Memorialより

★ 10年前の約束・・ EMIKOさんが私が投稿したベンチの写真にステキポエムを
               つけてくれました。ベンチはいろんな恋人たちの思い出を
               乗せたままそこの場所に変わらず佇んでいる
               あなたと10年前にここで約束したしたことあなたは
               今も覚えているかしら?


★ 虫の音と子守唄・・夏花ちゃんが私が投稿した朝方の月の写真にステキなポエムを
              つけてくれました。秋の夜長、独りが染みて眠れぬ夜は穏やかに
              微笑む月と虫の音を子守唄に抱かれるように眠ろう


★ ボーイフレンド・・祐乃さんが私が新宿御苑で撮ったカップルの写真にステキな
             ポエムをつけてくれました。あなたにもっと近づきたいけど
             でもこれ以上近づいたら壊れてしまいそうだから・・
             ずっとこの微妙な距離保っていきたい。

  
                              
       
                
by makochi09 | 2006-10-23 14:41 | poem

でんでんむしのかなしみ

d0006718_10174595.jpg

アッキーが学校の図書館で借りてきた
”でんでんむしのかなしみ”
毎夜、寝る前に短いお話を読み聞かせしてるんですが・・
このタイトルをみて
”でんでんむしのかなしみっていったいなんだろうねぇ・・”
”ほんただねぇ・・読むの楽しみだね”
とふたりですごく興味を持って本を開かせてもらいました。

あるでんでんむしが・・お友達のでんでんむしに

”わたしはいままでうっかりしてたけど、
わたしのせなかのからのなかには
かなしみがいっぱいつまっているではないか・・
このかなしみをどうしたらよいでしょう”


とおともだちのでんでんむしに聞きに行くのです。

でもおともだちのでんでんむしは

”あなたばかりでは ありません わたしのせなかにも かなしみはいっぱいです”

と答えたんです。
それじゃしょうがないと・・また別のでんでんむしにおなじことを聞きに行ったら

”あなたばかりではありません わたしの せなかにも かなしみはいっぱいです”

とどのでんでんむしに聞いてもそう答えがかえってきて・・
最初のでんでんむしは・・

”なんだぁ・・だれでもかなしみはもってるんだ。わたしばかりじゃないんだ。
わたしはわたしのかなしみを こらえてがんばらなくちゃいけないんだ”


と気がついてそれから嘆かなくなりました。ってお話なんだけど。

この話を読んで・・ものすごくいい話だぁと感動しちゃったんです。
悲しみのふちに陥ってる時って自分ばっかり苦しんでいるような錯覚につい
陥ってしまうものなんだけど・・でもみんな口には出さなくても
一人一人の心の奥には、形は違ってもそれぞれに抱えきれないほどの
悲しみ苦しみ痛みを背中に背負いながら毎日を生きている。
みんなそうなんだ同じなんだ。
そのことにふと気づくと安心したり、勇気が湧いてきたりする。
子育てでもなんでもだから同士がいるってすばらしいことだなって思う・・。
ひとりで決して考え込んじゃいけない。
誰かに聞いてみると道は開けてくる。

神様は決して乗り越えられない坂は自分に与えないといいます
ピンチに陥った時こそ・・自分の器を大きく広げる最大のすャンスだと
受け止めてがんばっていこうね。

ってアッキーにいいました。
by makochi09 | 2006-10-21 10:17 | BOOK

Sunset

d0006718_18531845.jpg


         地平線の彼方に
         落ちていく夕陽
         それは
         明日へ導いてゆく
         サヨナラ
         

More
by makochi09 | 2006-10-19 18:53 | sky

タイムトラベル

d0006718_827812.jpg


時計回りにゆっくりとまわる観覧車
少しずつ上まで登ってゆく
綺麗なところで止めてと願っても・・
一時停止もまき戻しもきかない

あなたとの時間も
そうだったね

ふらっとここにきたけど
今はもう色がない

だからこそきっと
焼き付いているんだろう
あの時二人で見た景色が
by makochi09 | 2006-10-16 08:37 | poem

POEM更新

d0006718_22464322.jpg


本日は夕暮れがとっても綺麗でデパートいくつもりがいつの間にか
夕焼けが綺麗に見える高台まで登ってました。
せっかくデジカメ持っていったのに・・撮ろうとしたら充電が切れてた。
だから携帯で撮りました。
ススキを探していたんだけど・・なかったので猫じゃらしで・・・。

さて本日はPOEM更新のお知らせを・・・。

Text フォトポエページから・・

★  曼珠沙華・・・日陰にひっそりと咲く曼珠沙華に夕陽が射した光景を見ていたら・・
           なんだか妙に色っぽくて女の艶っぽさを感じまして
           私には珍しく情熱的な恋詩を書いてみました。
           こうゆう詩はあまり得意ではないけど・・
           夏花ちゃんが書いてくれた曼珠沙華のポエムがとてもステキで
           真琴バージョンって感じに仕上げてみたよ。
        
    Memorialページから・・

★  曼珠沙華・・・夏花ちゃんの掲示板に曼珠沙華の写真を置いていったら・・
           ステキなポエムをつけてくれた。紅く紅くこの身焦がして
           燃え尽きる最後の時まで・・果てない夢の華咲かせていたい


★  ベルベットムーン 去年かな?満月の夜撮った写真を夏花ちゃんにお届けしたら
            お題のベルベットムーンに使っていただきました。
            穏やかな満月の夜。降り注ぐ月明かり
            どこにいてもたとえ雲に隠れてしまうときでも月は同じように
            存在するように私もあなたを優しく照らし続ける月でありたい 


★  キンモクセイの花・・祐乃さんの掲示板にお散歩中にとったキンモクセイの花の写真を投稿したら・・
             ステキなポエムをつけてくれました。
             キンモクセイの小さな花びらそっと手の中にとると
             甘い香りにふと蘇る思い出・・それは遠い遠い幼い日のこと


最後にはぴさんと真琴のコラボ約束10のお題(Promiseより)  

★  明日ここで・・・私が書いたこのポエムにはぴさんがステキな返詩を書いてくれました。
             つかの間の恋の時間でも毎日こんなにも朝がくるのを
             待ちわびる・・キミに逢いたくて・・抱きしめたくて・・ 
             夕暮れのコスモスはとても切なく写るけど、朝焼けコスモスはなぜか
             希望を感じる。切ない恋のなかに差し込める穏やかな愛の光・・
             ほんのささやか未来が約束があればきっとふたりは繋がっていけれる
              
               
by makochi09 | 2006-10-15 22:46 | poem

隙間

d0006718_11252461.jpg


          淋しい
          恋しい
          切ない
          苦しい
          会いたい
  
          それぞれ文字にしたら
          たかが4文字
          でもココロって
          そのたわいもないことに
          いつも振り回されてる
          
          
          隙間だらけの葉の心
          あなたのやさしい言葉
          射しこんで 
by makochi09 | 2006-10-13 11:25 | sky

恋ひらり

d0006718_23341044.jpg

図書館で島村洋子さんの"恋ひらり”という本を借りて読みました。
"永遠の恋はこんなにも切なく”
この響きに惹かれて・・

主人公”山口珠輝”という女性は実年齢は"55歳”
でも見た目はどう見ても25,6歳にしか見えない。
彼女は・・20年前に病院で医療事務をしていて・・
俊一という青年と恋に落ち
結婚したいと思っていたが・・彼の両親は北海道では有名な医者の一人息子で
彼女は彼の母親に結婚を反対され・・

”好きな人が別にできた”
と嘘をついて・・彼の元を去る。
彼に別れを告げるのとほぼ同時期に
人生に絶望していた彼女は


お金欲しさに珠輝はある製薬会社の治験に応募する。
それは”老化防止の実験”のアルバイトだった。
ブロジュリア(早期老化症)”普通の人の一年が十年に相当という病気の
解明のための実験で
ある途中操作を行うと・・”普通の人の十分の一の速度で老化する”という実験。
年に一度その注射を打ち、血液のデーターをとられる。
それで年間200万円の報酬をもらえるというアルバイト
でもその薬にはあるとき発病する恐ろしい副作用があった・・

彼女はその注射を打っていたせいで・・人より老化が遅く・・実年齢は55歳なのだが
見た目はどう見ても25.6歳にしか見えないのだ。
自分だけ時がとまったかのように年をとらない悲しみと孤独と苦しみ
年をとらないということがばれないように・・偽名を3つほど持ち
一年以上同じ会社に定職せず
人とも常に距離を置いて生活してきた。
だれとも友達もつくらず・・恋人もずっといない日々を過ごしていたが・・・・・

毎日日課のように通っていたビデオやで"文也”という一人の男性と出会う
もう恋などすることもないと思っていたのに・・文也と話した瞬間
どこか懐かしさを感じた・・
そんな文也と2年ほど付き合ったのち同棲するようになるのだが・・・・

彼が親にあって欲しい・・というので・・・彼女は結婚する気がなかったが
彼の親に一度だけ逢うことにした
でも彼の両親にあった瞬間・・・・珠輝と文也の父は一瞬、互いに目を見開いたように絶句した。
文也の父はかつて・・自分が30年前に付き合っていた恋人・・俊一だったからだ・・・・
俊一も・・文也の隣にいる女性が自分が結婚した今でも医学書の本にひっそりと挟んで捨てられずにいた
かつての恋人”珠輝”そっくりで
文也の隣に居る"宮本有美”という女性は・・もしかして珠輝なのか・・?
いや30年という歳月がたっているのだからそんなはずがない!
じゃ・・珠輝そっくりのこの娘はだれなんだ?と彼女を見ながら・・
不思議なデジャ・ヴュに襲われる。

両親にあわせてから数日後・・彼女が薬の副作用が発病し文也の元から失踪したことで

今まで閉ざされていた彼女の秘密が徐々に俊一と文也によって明らかにされていくそうゆう話。

長い間ずっと忘れられずにいた恋人と、その恋人の息子と自分がめぐり会って
再びまた恋に落ちる不思議・・
俊一が愛した”珠輝”という女性と息子文也が愛した”有美”という女性は肉体的には同一人物なんだけど、
でもそれぞれの恋は彼女にとっても彼等にとっても別物で
それぞれかけがえのない記憶に残る永遠の恋だったと思う。
俊一と別れてから投げやりなってた珠輝が
文也に出会ったことでだれかに愛される資格がまだ自分にあるよろこびを知る
”人生なんてどうでもいいものだと思っていたけど最近では生きているのも悪くない”
そう最後に思えた彼女の生涯は・・やはり幸せだったのだろう・・と思う

切ないけどとてもドラマティックな恋物語で・・最後まで目が離せない内容でした。
読み終わったあと不思議な既視感(デジャ・ヴュ)に包まれます。
by makochi09 | 2006-10-12 23:34 | BOOK

夕暮れコスモス

d0006718_2318217.jpg


     離れていてもどうか同じ空を夢見て咲いていてこの空の下


d0006718_23171920.jpg


  ”会いたいね・・”って簡単に言えたあの頃を今は懐かしむだけの秋の夕暮れ

More
by makochi09 | 2006-10-11 23:22 | sky