ぶらっと写真散歩、ポエム読むこと書くこと、遠い空を眺めること、そしてときめき・・大好きなわたし


by makochi09

<   2007年 03月 ( 21 )   > この月の画像一覧

大田子海岸の夕景

d0006718_21212468.jpg


       キミ想い 頬も心も茜色 落ちてゆけたら・・恋するままに



d0006718_21231656.jpg


       大人になってふと想う? あの日見つめた いつかの夕陽    

More
by makochi09 | 2007-03-31 21:32 | ぶらり旅

艶か

d0006718_8275528.jpg


      枯れて落ちても 女花 朽ちてもなお その誇り 失わず 艶やかに


d0006718_8301426.jpg


                ゆらゆらと 水辺に赤く漂う 想いかな・・

More
by makochi09 | 2007-03-29 08:31 | フラワー

花の想い

d0006718_18283974.jpg


            だれのためではなく あなたのために そっと

d0006718_1829378.jpg

 
                   この想い咲かせるから  
  
 
d0006718_1831397.jpg

 
              ”みーつけた” って捕まえてね 後ろから・・

More
by makochi09 | 2007-03-27 18:38 | フラワー

目をこらせば

d0006718_17214194.jpg


    上ばかり見ていたら気づかないほど小さな花・・でもしっかりとここで自己主張

d0006718_17262763.jpg


  木陰を覗けば・・薄紫の小さな花がキラリ クルクルと回りそうな風車のような花びら

d0006718_1743523.jpg


   長き冬を終え、春は新しい命が芽吹く季節。嬉しくて太陽に手を伸ばしてるみたい

More
by makochi09 | 2007-03-26 17:40 | ぶらり旅

鳥の告白

d0006718_23231975.jpg


         簡単な言葉ほど・・君の前では・・口に出せない

            見つめるだけで・・ただ胸がいっぱい

More
by makochi09 | 2007-03-23 23:26 | ぶらり旅

春の使い

d0006718_1836221.jpg


      道行けば・・野道ににょきっと つくしんぼ・・とってもかわいい 春の使い

More
by makochi09 | 2007-03-23 18:36 | ぶらり旅

更新情報

d0006718_2145547.jpg


今日は10時から15時まで居酒屋の開店前の掃除のバイトだったよぉ・・。
そこね、店内がやたら広くて一人で掃除するの大変なんです。
掃除機かけたりモップかけたり、テーブルや椅子ふいたり、お皿ならべて、タレ出して
とにかく開店前の準備するのに本当に5時間かかるんです。
今日はそれだけやるだけでも大変なのに、前日の宴会の片付けが
一箇所そっくりしてなくてそのまんま残ってたの片付けたり、
”本日宴会4組入ってるからね”と。。プランの紙を渡されて一人でセッティングしたり・・
もう余分な仕事が上乗せで結局終わらなくて昼休憩も取れず残業しちゃったよぉ。。
帰る頃にお腹すきすぎてへろへろでしたぁ・・・・。


さて今日は家に帰ってから・・前からぽちぽちと作っていた伊豆半周ぶらり旅のアルバムを完成させてアップさせたよ。
よかったらブログに載せてない写真もたくさん入ってますので良かったら見てねぇ。。
by makochi09 | 2007-03-22 21:58 | ぶらり旅

春になると

d0006718_13104934.jpg


           池のほとりに小さな白き花弁を咲かせる雪柳

More
by makochi09 | 2007-03-21 13:18 | ぶらり旅

ビタミンF

d0006718_21401028.jpg

図書館で初めて重松 清さんの
ビタミンFを借りてみました。
お友達の夏花ちゃんが読んで
良かったと感想書いていたので
私も読んでみました。

7つの短編ストーリーからできていてどの話も父親からの視点で
書かれている家族の話。
ちょうど30代から40代層の中高年の男性がモデル。
私達と同じくらいの子供を持ち仕事と家庭の狭間で葛藤している
父親像がすごく斬新に描かれていてどの話もすごく共感できた。


その中でも強く印象が残ってる話は
”せっちゃん”と言う話。
とってもしっかりしていて勉強もできて毎日学校の出来事も良く家族に話してくれて
全然心配してなかった娘が・・ある日転校生の話をするようになった。
でもその転校生はなかなか友達となじめなくて、いつも蚊帳の外のような子だと言う・・
クラスのみんなから嫌われていて

体育祭のダンスの振り付けが変わったことも
誰も教えてくれなくて・・一人違った踊りをしてて
宙に浮いていた・・そんな実に詰まる話をするのである日

”もうそうゆう話は聞きたくないな”

と父が言うと

”それが現実なんだよ・・
いじめは悪いことだけど、誰かを嫌いになるのは個人の自由
『いじめはやめろ』とは言えるけど、『だれかを嫌いになるな』
なんて言えないでしょ。”

とつめたい口調で娘が言った。

でもある時、実はその転校生が来たと言うのは全部嘘の話で
いじめの対象になっていたのは娘自身だったことを
知ることになってショックをうける。

なんでも娘のことは知っているつもりでいた
なんでも学校の話をしてくれるから安心しきっていた
でも娘の置かれてる現実を実は何にも知らなかった自分
その切なさ、苦しさこんなとき娘にどうやって接してあげたら
救ってあげられるのか・・

その時の家族のかかわりや葛藤、父親の娘に対する想いがすごく
丁寧に描かれててラスト
父親が街の人形屋さんで何気なく見つけた”流し雛”

「これは自分の今のつらいことを人形に託してかわりに流してくれると言うものなんだよ」

その説明だけ娘にして・・

”これを川に流そう”

と提案する父・・娘も・・ほんのちょっぴりだけ

”こんなことしても現実は厳しいままだよ”

と本音を言いつつも家族の暖かさに触れ少しだけ笑みがこぼれ
流れていく流し雛を見ながら現実をがんばろうと強く想い
どこまでも手を降り続けながら雛を見送る
そんな話だった。
すごくじーんときてしまった。

現実はすぐには変えられなくても、一人でも二人でも
自分を暖かく受け止めてくれる家族や友達がいる。
それだけで人間はまた辛い現実をも乗り越えていける力を与えてくれる。
私も2人の子持ちの母をしてて・・息子君も来年は中学生。
そろそろ思春期を迎えるわけで・・だんだん口数も減ってくる。
学校でどんなことがあるのか・・どんなことを考えてるのかどんどん
わからなくなってくる・・。
やっぱり本音をね・・ぽろっと吐き出してもらえるような
そんな関わりをさりげなくでいいからしてあげられる雰囲気を
常に作っていてあげたい。
家庭とは傷を癒して再生させるそんな場所だと思うから・・

そんなことをこの話を読みながら思っていたよ。
家庭の温かみをすごく感じる
どの話も心の中に優しく響くビタミンみたいな話だった。☆5だぁ
by makochi09 | 2007-03-20 21:40 | BOOK

吾妻山公園の旅

この間朝・・・雨が降った日。。山の方では雪が降ってると
聞いてたから電車に乗って雪を見に行こうと家の用事を済ませ
午後から出かけたけど・・晴れたせいもあり雪が溶けちゃったようで
なーんもなかった。目的の雪がなくどうしようかなぁ・・って電車に
乗りながら迷ったけど帰るのももったいないので・・・・

掲示板のお友達の乙女さんが前に教えてくれた・・神奈川県にも
菜の花と富士山が見えるところがあるという
”吾妻山公園”に急遽行くことに決定。

JR”二宮駅”を降りてあること5分くらい・・吾妻山公園入り口
というところをひたすら上にあがっていくと・・

d0006718_15512482.jpg


吾妻山神社が見えてくる・・そこでまずはお清めして・・

d0006718_155311100.jpg


展望上にあがっていくと・・・・・この風景・・。

d0006718_15554487.jpg


菜の花畑が一面に広がっていた。

d0006718_15564495.jpg


けっこう山頂まできつくて・・ひーひー言いながら登ったんだけど
この景色を見たら・・そんな苦しかったのもすっかり忘れて

”カメラカメラ・・”

と撮りまくってたよぉ・・・・。天気が良ければ富士山も一緒に
拝めたんだけど・・あいにく曇りで見れなかったけど

d0006718_1604320.jpg


でも菜の花の向こうにぼんやりと海が見えるこの画像がけっこうお気に入り

More
by makochi09 | 2007-03-20 16:15 | ぶらり旅