ぶらっと写真散歩、ポエム読むこと書くこと、遠い空を眺めること、そしてときめき・・大好きなわたし


by makochi09
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

<   2007年 10月 ( 26 )   > この月の画像一覧

バブル光線

d0006718_17145699.jpg


                    メロメロになーれ!

d0006718_17162534.jpg
                  

              夢を見よう飛ばそうよ・・無邪気な子供に戻って

More
by makochi09 | 2007-10-30 17:17

流星ワゴン

d0006718_845316.jpg


この間の台風が来ていた日曜日まったく外にも出れないので図書館で借りてきた
本でも読むかと・・・重松 清さんの"流星ワゴン”を読みました。
今回この人の小説読むのは2作目・・
前回読んだ”ビタミンF”がすごいよかったのでまた借りてみた。
この人が書く家族愛の話が私はすごい好きで・・今回もその手の話。

内容的にはタモリさんがやってる”世にも奇妙な物語”みたいな感じ。
主人公の永田カズオさん38歳は・・妻、美代子、息子、広樹の3人家族
ずっと幸せな家庭生活を送っていた・・これからも続いていくと思っていた。

でも息子が中学受験に失敗しひきこもり、その直後、妻、美代子には突然
”あなたとはもう暮らせない、このまま一緒にいると頭がおかしくなりそう
だから離婚届けに判を押して”といい渡される
会社ではリストラされ、家のものにはまだそのことを話せずじまい
最悪な現実をたたきつけられ・・生きる望みも失う

”もう生きててもしょうがない家にも帰りたくない”

と最終電車を見送ったあと
駅前のベンチに寝転びながらウィスキーを飲んでいたら
奇妙なワイン色のオデッセイが自分の前に止まって

"遅かったね・・待っていたよ・・さぁー早く乗って”

と車に誘われる

その車には橋本義明さんと息子健太くん親子が乗っていた
でもそのふたりは5年前に・・免許を取り立てで始めての家族ドライブに行く途中
スピードを出しすぎて反対斜線に飛び出し
奥さんは一命をとりとめたが・・夫、義明さんと健太くんは即死。
哀れな親子と新聞やワイドショーでもとりあげられたあの親子だった。
成仏できず現世を彷徨い続け・・こうやって死にたいと思ってる人を
ワゴンに乗せては走る・・いわば死神?

その人が・・自分を迎えに来た・・

”あなたさっき死にたいと思ってたでしょ・・・”

とふふと笑いながら・・・・

自分はもう死んでいるのか・・それともまだ生きているのかわからないまま
彼らとドライブをし・・

”あなたにとって大切な場所に今から連れて行ってあげる"

とおろされた場所で自分が見落としていた家庭崩壊の原点ともいえる
そんな場所へ連れて行かれ・・真実を知ることになる
その連れてこられた現場で・・奇妙なことに自分と同じ年齢の父・・忠雄に出会う。
父、現実には忠雄63歳・・実はもう末期がんであと一週間持つかと医者には言われた・・
父と息子カズオとはずっと何年も心が通わない関係が続いていたが
不思議と・・38歳の父とは心を割って友達のようにしゃべれた

幼少時代をふりかえりながら
”あの時はこうだったと・・こんな気持ちだった”
いろんな話ができた

今の自分の抱えている家族の危機を

父が自分の立場だったらどうしただろう・・
こうゆう時はどうゆう行動をとるだろう・・

頭で思い描きながら父のアドバイスをもらいつつ一緒に・・考えていく
その中で昔描いていた、怖いという父のイメージが少しずつ薄まり
親子の溝も埋まっていく

一度は生きることをあきらめようとしたカズオなんだけど・・

父、忠雄が死神の橋本さんに・・
"この子をあの世に連れて行くつもりなんですか?
私の命と引き換えにどうか勘弁してあげてください。
この子はわしの大切な息子なんです
まだこの子にはたくさんやるべきことがあるんです。”

そう必死でお願いする姿に

"現実に戻っても厳しいよ・・サイテー最悪の変わらない現実だよ
それでもやってみる気ある?”

そう健太くんに聞かれ

"それでも帰りたい・・父さん・・俺、がんばってみるよ”

ともう一度生きることを決意し最後
心がはぐれてた父に

”ありがとう”

といってカズオは夢から覚め現実へかえってく・・やっと息子と心が通い合うことができて
安心したのか父もその5日後に安らかな最期を迎える
そんな話でした。


あの世と現世の境をさまよったことがある人はよく不思議な体験を
することがある・・って聞くけど・・この話もそんな感じで
もうすぐ死を迎える父と死を選ぼうとする息子。
親子という関係はたとえなんかの事情で想いが通わなくなったとしても
人の願いや想いは一念三千といって・・はるか三千光年先までも届く
といわれてるほど・・強くて深いもの

この話、全部が夢の中でおきた出来事なのか?
と思いきやワゴンを降りるとき
”ひとつだけプレゼンを置いてあるから・・”と
サイテーサイアクな現実にかえるカズオに
希望の光となるような物を残してくれたところが・・
世にも奇妙な物語風で・・ファンタジーもはいってておもしろかった

もし自分も娘がこれくらいの年齢になったとき
私も同じ年でこっそり娘のそばに登場できたらおもしろいのに・・
そうしたら同年代の友達のようになれるかな・・
そんな不思議があったらいいのに・・そんなことを思わせてくれる
素敵な話でした
by makochi09 | 2007-10-29 08:04 | BOOK

映し鏡

d0006718_19212995.jpg


      台風が行っちゃって朝起きたら思い切り晴天
      こんなときに限って仕事かよーー。
      悔しいから出勤時間までカメラ持ってそこらふらふら
    
      そうしたら大好きな水溜り発見!そこに映りこむ朝顔を撮ってみました

      水溜りにはなんか自分の心とかその時の心情が映る込むそんな気がする
      まるで映し鏡のような嘘がつけないそんなイメージ。
      あとそこに映りこむ景色とか空はなんか懐かしいような
      自分のもう一度戻りたいそんな場所が届かない遠い想いが映りこんでる
      そんなイメージもあります。
      
         
by makochi09 | 2007-10-28 19:25 | 思うこと

金網越しの夜明け

d0006718_4352758.jpg

       
          金網越しに見える夜明け
          昼間はなんてことないただの金網も
          朝夕だけはいっぺんする。
          
          金網越しに見える焼けた空の先に幸せがあるような
          そんな気になって手を伸ばしてみたくなる。 
          でも金網の中に手をいれればひっかかれる
         
          毎日の生活もきっと金網越しなんだろう
          年中いろんなことに引っかかって痛みをともなう・・。
          でもそれを乗り越えたときに  
          泣いたことも忘れるくらい綺麗な空に出会えるんだろう 


  さて今日はMY Foverite というエッセイのページを更新
  人間関係を円滑する魔法のAから始まる言葉を本から抜粋
  "本から学ぶ”良ければみてね。   

       

More
by makochi09 | 2007-10-27 04:35 | sky

以心伝心

d0006718_8585641.jpg


             私のところに舞い降りてきてほしいのに・・


この間・・お友達の佳恋さんが・・花に止まる素敵な蝶の写真を
掲示板に届けてくれたので・・とってもイメージ沸くお写真だったので
セレナイトな月に抱かれてのお題のポエム"告白”に使わせてもらいました。
良かったらポエムみてね

告白ってやっぱり相手の出方が見えないだけあって
すごく勇気がいますよね。
絶対相手も自分のことを想っていてくれるそんな確信があったら
簡単にいえちゃうけど・・。
たいてい当たって砕けろ精神で相手にぶつけるわけで・・
言った後もしふられた場合
気まずくなるのやだなぁ・・とか
いろいろ頭で考えすぎちゃうと・・しり込みして躊躇しちゃう。
あーーーー見つめてるだけで・・この想い伝わったら・・なんて
想ってた時代もありましたぁ・・。
よく枕の下に好きな人の写真を入れて10回だっけ?唱えると願いが叶うとか
夢であえるとかそうゆうことを学生時代は散々やってたな。
トランプ占い、タロット占い・・すごく凝ってて・・
昼休み友達の恋占いとかやってあげていると・・

"俺もやってくれー”と数人のいかつい男子がやってきて

”じゃー最初に自分の名前次に好きな人の名前を心で唱えながらトランプ切って”

と頼むと・・恥ずかしそーにその男子がトランプ切ってた・・ことを思い出します。

みんな誰か好きな人いるんだなぁ・・・・微笑ましく思いながら占いをしてあげてた。

想いを告げること怖いけどでも言わないで
この想いなかったことにするよりは
砕けても告白する方が私はやっぱり好きかな
by makochi09 | 2007-10-24 09:09 | poem

Make Up して

d0006718_15443981.jpg


           衣装着替えてメイクアップしたら・・さぁ・・本番だよぉ・・。



芸術祭というのがこの間地元であって・・娘が習っている日本舞踊のお教室も
でることになっていて・・娘だけを撮るつもりで一眼持っていったのに
教室のお母さん方に”いいカメラもってるね・・カメラマンよろしく~”
とみんなの撮影を依頼され責任重大でした。

More
by makochi09 | 2007-10-23 16:11

僕らの足音

d0006718_91932.jpg


      どこまでも鳴り響いていた僕らの足音・・今は秋の風にかき消されて・・


今日はセレナイトな月に抱かれてのポエムを一つ更新。
大学のキャンパス通りを歩くカップル
毎日ふたりで歩いてたこの道も
卒業して進路が別れたらどうなるのかなぁ・・。。
ずっと続くように見えても移り変わるかもしれない未来
だから今この瞬間を大切にして・・・と
並んで歩くふたりの後姿に切なさを感じてしまったのは秋のせい?
 
では”並んで歩く”はこちらから・・    
     
     
by makochi09 | 2007-10-22 15:33 | poem

アンテナ

d0006718_023799.jpg
      寂しいのは会えないことじゃなく・・心が遠くなってゆくこと

More
by makochi09 | 2007-10-20 00:11 | poem

かおる秋

d0006718_1932516.jpg


どこからか 甘き香り漂いて 見上げて見れば キンモクセイの花

More
by makochi09 | 2007-10-18 19:03 | フラワー

バタンキューにゃあ~

d0006718_1643257.jpg


今日は午前中お仕事やったあと・・午後は一時から美容院にいってきて
髪をひさしぶりにCUTしてもらってきたよん。
すごく軽くなった感じ・・。やっぱいいね・・美容院は気持ちが安らぐ
その帰りに野良ちゃんを撮影・・。幸せそうに寝ていたよぉ・・

さてこの間・・お友達のブログで紹介されていたエジプト守護動物占い
おもしろそうだったからやってみました・・
私の結果は"ネコでしたぁ・・”どおりでネコに惹かれるとおもったら・・


結果に興味がある方は・・Moreをクリックしてね。



占いに書いてあったんだけど

>また、大勢の人の中でも、うまくやっていくネコですが、
>群れることはなく孤独を愛するようなところもあります。
>ひとりぼっちの時でも、寂しいなんて思ったりしないで、
>自分のペースで時を過ごしていけるのがネコの習性です。

ここがすごい当たってたのよねぇ・・・。
私・・実にそうなんだもん!
集団でいるよりも・・わりと
自由気ままにふらふらと自分の好きなように歩きたいタイプ。
そんなところが実にネコに似てる。

d0006718_16295026.jpg


さて寝ているにゃんこの足かわいい

More
by makochi09 | 2007-10-17 16:11 | 動物